母親に電話をして、いろいろと話を聞いてもらいました

去年まで、ずっと実家暮らしをしていたのですが、その実家を出て、新しい生活が始まりました。
慣れない生活で、だんだんと辛くなってしまい、親には心配をかけたくないとは思っていたのですが、今日は電話をして、話を聞いてもらって、たくさん泣いてしまいました。

自分が甘いのは分かっていますし、大人なのでもっと自立しないといけないなと思ったのですが、やっぱり母親というのは話を聞いてくれるとても大切な存在だなと感じました。
実家暮らしをしていたときに、もっと親孝行をしておけばよかったと、今になって後悔しています。
親のありがたみは、居なくなってから分かると聞いたこともありますが、本当に、離れてから親のありがたみ、大切さを感じています。

なんで、もっと早く気づけなかったんだろうと、自分の馬鹿さ加減が嫌になります。

離れてしまっていますが、実家に帰ったときには、しっかりと親孝行をできるように、もっと頼りがいのある大人になりたいなと思います。プレミアムウォーター 休止

近所に塾が乱立しているけど、そんなに需要があるのか

個人的には塾に行く必要はないと思っているのですが、結構周りは行くのが普通というか、中学生は特にそのように感じていました。最近近所にまた新しい塾ができたようで、あの通りには一体いくつの塾が乱立しているのだろうというくらいあります。それだけ需要があるということなんですよね。集団塾なら進学校狙いの子も行くのでしょうけど、個別指導塾となると勉強の仕方からわからない子や問題児が多いそうです。一人一人きちんと面倒を見る必要があり、勉強というより躾が必要な場合もあるとか。親が躾の仕事を放棄しているのでしょうか。その子の本質も多いに関係があるとはわかっていますが、それを塾講師がやるのはお門違い。可哀そうだと思ってしまいます。講師は勉強を教える仕事を、教師はその他のことも教えることから、家か学校でしっかり学べるはずなのですけどね。特に小学生が大変そうです。高校生ならまだ言葉が通じますし。その点では学力より指導力が必要そうです。アイフル 店舗