暑いけれど負けずに河原の公園に行って遊んでみた

近くに河原がきれいに整備されているところがあります。川遊び出来るように浅瀬の所に置き石してあったり、少し深い所は滝みたいになっていたり、水着を着て十分に遊べます。
今日はテントを張る練習がしたかったのでまずは河原の脇の公園でテントを張ってみました。実は来週キャンプに行くのですが、実は10年ぶりです。そのテントも10年ぶりに広げたのですが使えそうなので安心しました。しかし、張り方をまったく覚えて無くて取扱説明書を見ながら、あーでもないこーでもないと灼熱の太陽の下頑張って張りました。ひととおり、テントを張ってみて感覚を思い出したのでテントを片付けて川遊びへ。
魚取り用の網と虫かごを持ち、子どもはサンダルに履き替え川の中へ入って水中にいる生物探しを始めました。私も靴が濡れない程度の所に行き、川を覗いてみます。浅い川なので水中がよく見えます。少し大きめの石を裏返してみると潜んでいた生物が慌てて逃げて行きます。タニシ、ムカデ、オタマジャクシ、アメンボなどいろいろな水中生物が出てきます。それを見て子どもは捕まえようとしてみたり、観察してみたり楽しそうです。
普段なかなか川遊びは出来ないので夏休みならではの体験でした。近いところなのでまた来たいなと思います。消費 者 金融 比較

リンゴだって 愛されたい

邦人の桜好みは評判。
その瞬間になると文に「桜前線」のお話は外せない。
仮にどんな不運が起きようという、凶悪な事件が起きようという、文の上述か終焉は「サクラ」が登場する。

私も桜は好物。
桜が咲き始めるとワクワクわくわく、通勤プランも「桜通常」に変更される。

でもね、
「リンゴの花」って見たとき居残る?
本当はリンゴの花は、桜に負けず劣らず可愛いのです。

リンゴの花が咲くのは桜のちょこっとあと。
桜の蕾は「少しピンク」が多いけれど、リンゴの蕾は「ない赤」って感じのトーン。
そうしていっせいに解く花びらは、白紙。

桜を「清楚」という叫ぶなら、
リンゴは「キレイ」といった叫ぶのがびっちり。

行き来を歩いていて「あ、リンゴの花が開いたな」と勘づくアロマオイルも可憐な感じで、香水で売り出してくれるなら、ぜひ買いたい。
もしも「リンゴのストリート樹」なんてのを街中に作ったら絶対にウケるというんだけどなぁ。

「ふじ」とか「紅玉」なんて商標ものだと取り締まりが大変から「姫リンゴの並木」なんてのをね。
秋には「ちっちゃな赤い実」が至るプラスアルファ付きです。

キャッシング即日融資スピード審査