経済破たんは断ち切る意見、する説、いろいろある。

全国が20カテゴリー後に金融破綻するという理屈と、増税するから倒産は諦めるという理屈。
破綻するなら初期のうちに、早めにやっておくべきだと自分なんかはおもう。
金融倒産したら、年金に頼って暮らしている人と、暮し両親がともかく死ぬ。
日本にホームレスがあふれる。
金融破綻してもいいんじゃないかな。年金と暮し保護の刷新に上るなら。
そしていちからガラガラポンして、やりなおせば嬉しい。
環境キャパシティーは落ちて掛かるだろうけれど、まったく人口もおるだろうし、
全国を出て行きたい若い人は、勝手に出て行けば宜しい。
全国は生まれ故郷にシニアが住んで、ものすごい勢いで貧苦世の中に変わる。
例年、増税につぐ増税。各種ところから税がなくなる。
そして、収入TAXも年金掛け金も厚生年金も元気保険も、メチャクチャ昇る。
どうしても、40パーセンテージ近くのキャッシュを取られているのだけど、勤め人は黙って従うしか薄い。
節税もできない。
これが、60パーセンテージぐらいまであがって、消費TAXは18パーセンテージぐらいまで出向く筈。http://www.fndg.co/acom/acom-hensai.html