リンゴだって 愛されたい

邦人の桜好みは評判。
その瞬間になると文に「桜前線」のお話は外せない。
仮にどんな不運が起きようという、凶悪な事件が起きようという、文の上述か終焉は「サクラ」が登場する。

私も桜は好物。
桜が咲き始めるとワクワクわくわく、通勤プランも「桜通常」に変更される。

でもね、
「リンゴの花」って見たとき居残る?
本当はリンゴの花は、桜に負けず劣らず可愛いのです。

リンゴの花が咲くのは桜のちょこっとあと。
桜の蕾は「少しピンク」が多いけれど、リンゴの蕾は「ない赤」って感じのトーン。
そうしていっせいに解く花びらは、白紙。

桜を「清楚」という叫ぶなら、
リンゴは「キレイ」といった叫ぶのがびっちり。

行き来を歩いていて「あ、リンゴの花が開いたな」と勘づくアロマオイルも可憐な感じで、香水で売り出してくれるなら、ぜひ買いたい。
もしも「リンゴのストリート樹」なんてのを街中に作ったら絶対にウケるというんだけどなぁ。

「ふじ」とか「紅玉」なんて商標ものだと取り締まりが大変から「姫リンゴの並木」なんてのをね。
秋には「ちっちゃな赤い実」が至るプラスアルファ付きです。

キャッシング即日融資スピード審査